江ノ島水族館

正月二日は恒例の箱根駅伝。
きのうの箱根神社の帰りには小田原中継所のセッティングをしてたねえ。
先頭集団が地元に近付きつつある頃、車に乗り込みいざ出発。
と言っても応援に行くわけではなく、今日は江ノ島水族館に行くのです。
国道は駅伝の交通規制やらで渋滞必至なので抜け道山越ルートで平塚に出る。
あとは海岸線をスイスイで、到着した頃にはけっこう本降りの雨だ〜。
ラジオで箱根は雪だと言っているし、最終ランナーは大変そうだのう。


新江ノ島水族館
f0026475_2238365.jpg

大昔に来たことがあるらしいけど、すっかり忘却の彼方。
それでも新しくきれいになったことはひと目でわかります。
中に入るとさっそく相模湾大水槽。
いるいるたくさんの魚たち!
ぐるりといろんな角度から魚たちを観察できるようになっているので、
魚群の向こうのガラス越しに観覧者たちも見えたりする。
相模湾大水槽の中には8000匹のイワシの大群、カメラを向けるとガン飛ばすエイ、
幻の魚・シーラやクエ、フグやウツボまで、たくさんの種類の魚たちがいました〜。
水族館て楽しすぎる〜!!!


江ノ水の王者・シノノメサカタザメ
f0026475_22512759.jpg

水玉模様の大きいのがシノノメサカタザメ。
サメではなくエイのなかまなんだそうで〜す。


穴にいるからアナゴ
f0026475_22514665.jpg

せまい穴の中にぎっちり詰まっている。
アナゴには生まれたくないね〜。


クラゲたち
f0026475_22515771.jpg

クラゲファンタジーホールではクラゲのぷかぷかダンスが見れます。
けっこうかわいいな、クラゲたち。
したの小さい丸いのはガラス玉、たぶん。


これもアナゴ
f0026475_2252227.jpg

ゆらゆら首を出してこれまたかわいいで賞。


ギンガハゼとテッポウエビ
f0026475_22523786.jpg

このふたりはすばらしき共存関係なのです。
ギンガハゼ(A)はテッポウエビ(B)の住居に居候の身。
テッポウエビくんがせっせと住居の手入れにいそしんでいる間、
ギンガハゼどんは入口で見張りの役を引き受けます。
外敵(C)が妙な動きをしようものなら、素早くエビくんに危険を合図!
ふたりしてササッと穴の奥に逃げ込んで息をひそめるのだ。
きょういちばんおもしろかったで賞進呈〜!

深海ゾーン、ペンギンオットセイゾーンなどもあり。
タッチングプールではヒトデにさわってみたりもできます。
ヒトデくんはほんとに人の手のような妙な感じでした〜。

せっかくだからイルカショーも見ちゃう。
始まるまでけっこう時間があったのだが、気の早いイルカたちは元気にプールを
泳ぎ回り、ひとり目立ちのイルカくんが何度もくりかえしステージに上っては
くるりとターンして、大サービスで観客を喜ばせていました〜。


めだちイルカ
f0026475_2253535.jpg


オットセイが前座でいよいよイルカショー。
みんなちゃんとジャンプを披露して、ショーは大成功。
イルカと一緒にオキゴンドウやハナゴンドウのジャンプが見れたのが嬉しかったぞ。
期待以上に楽しい江ノ島水族館なのでした〜。
[PR]
by majnoon | 2006-01-02 20:50


日々のできごとを記録しておかないとあっという間に忘れてしまうきょうこのごろ・・・


by majnoon

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧