シャン料理 ノングインレイ

本日の夜ごはんはまたしても馬場にて、シャン料理の汁ソバです。
シャンというのはミャンマーのシャン族のことで、シャン料理専門店は
日本にはここともう1軒しかないらしい。
駅前のうらびれたビルの1階にある小さな店で、お世辞にも洒落た店とは
言いがたい雰囲気なため入るには多少の勇気も必要であります。
○歩の達人で見て以来ずっと探し続けていたのだが、情報誌にあるまじき
地図が間違っていてなかなかたどり着けず、本日ようやく発見した勢いで
ドキドキしつつも入ってみました。
ミャンマー料理は何ヶ月か前にミンガラバーで初めて食べたけど、
あのときはけっこうインド風のお味だったよ、シャンはどんなんだろ。


ミシェ スープ入り ¥800

f0026475_10145470.jpg
豊富なメニューは中国、タイ、インドをひっくるめたようなかんじ。
野菜も多くて健康的な印象です。
店のイチオシメニューがこのミシェともうひとつ似たようなソバだったので
あれこれ迷ったけどこれにした。
見た目よりもあっさりめのスープは豆板醤が効いて中華風な味わい。
細かく砕いたナッツと何かの野菜、パクチー、内臓系のやわらかい肉入りです。
挽肉も入ってたっけ?
麺は米粉のパスタアルデンテ風なのか、ものすごく弾力があって噛み切れぬ。
そうかと思えば後にはやわらかな印象が残るというフシギ食感なり。
ランチタイムは同じ値段で更に揚げ豆腐とデザがついてるみたいです。
そういや昨日の昼はティーヌンでトムヤムラーメンを食べ、今日の昼には
セブンの冷し中華を食べたんだった。
麺づく夏!

おいしかったのだがまた来るかどうかはややギモンである。
ひとんちの台所でちょっと食べさせてもらいましたという雰囲気が得意な人なら
常連になってもよいでしょう。
それに…よく見ないように努めたため確とはわかりませぬが、メニュウの中に
むむむむ虫系!?のものがあるような気がする!!!
ぎょえええ〜〜〜っっっ、それだけはご勘弁を〜〜〜っ(> <;)
もしほんとならそんなものが厨房に控えていると思うだけで気もそぞろ。
間違ってスープにでも入っていたらば卒倒必至。
ああ、シャン族のみなさんごめんなさい。
思い過ごしであることを祈りたい…。

店の人は日本語も話すけど、客や飛び交う言葉や壁の文字など全てミャンマーづくし。
テレビに映るのがNHKじゃなかったらここが日本とは思えぬかも。
日本にいながらにして異国にどっぷりひたりたい、しかもアジア辺境の観光客ずれ
していない雰囲気を求める人にはおすすめの店でありましょう。
[PR]
by majnoon | 2006-07-28 19:14


日々のできごとを記録しておかないとあっという間に忘れてしまうきょうこのごろ・・・


by majnoon

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧