小田原の氷花餃子とレロアのパン

本日は小田原の氷花餃子という中華料理屋にてプチ会合あり。
その昔ここは冠峰楼という中華料理屋だったはずなのだが、いつのまに!
鶏ソバが好物だったんだけどな〜。

氷花餃子のその名のとおり、店の看板メニューが氷花餃子。
満漢全席にも並べられた極上の宮廷料理のひとつらしくて、
氷の花のようなパリパリの皮がついた洒落た餃子なのだ。
なんでも中国から餃子名人の資格を持った高級料理人が招かれて
日本で初めて氷花餃子を紹介したのがこの店なんだそうです。
なにゆえ小田原・・!

氷花餃子の中華いろいろ
f0026475_2302142.jpg

定番のエビチリから始まって、棒々鶏、あんかけおこげ、いちばん右上が氷花餃子、
炒飯、小籠包、焼売、玉子餃子、ちょっと太めの海鮮手延麺、そしてデザは杏仁。
やはり看板だけあって氷花餃子がいちばんうまかったかな?
短時間でがーっとしゃべって食べたせいかあんまり味わえなかった気も・・。
杏仁は久々につるりと固く爽やかなタイプでした。
総勢6名であわただしく食べてプチ会合は終了〜。
マの言ってた沙茶醤(さーちゃーじゃん)の原料は魚とエビなどみたいだよ。
ナンプラーっぽいのかなぁとも思うけど、スパイシーなチリ味と言っている人も
いるからょっと違うのかもよね。

プチ会合解散のあとは、おいしいとうわさのパン屋を目指す。
大にぎわいの小田原城址公園を通り抜け、藤棚のところから出て国道1号線を渡り、
御幸ヶ浜に向かう途中にありました。
最近は御幸の浜というんだな。

Les Rois と書いてレロア。
小田原にはめずらしい都会風洒落たブランジェリ〜を目指しているらしく、
正面は大きなガラス張りで外装も内装も白一色のシンプルなかんじ。
これまた白いカウンターに並んだパンはどれもけっこううまそうだよ。
初来店のおきまりクロワッサンと、ライバゲットを買ってみました〜。
味見の基本だね。

レロアのクロワッサン ¥130
f0026475_2303733.jpg

しかし味見たのが夜遅かったんです。
パリパリ感ゼロで残念無念、しかたあるまい。
でもバターの味がなかなか好みで焼き立てだったらかなりウマイかもよ!
それにひきかえライバゲットはいまいちだった。
バゲットのくせに皮がぜんぜんパリパリじゃないし、なかみもふわふわすぎ。
しかもライバゲットなのにライの味もしなさすぎ〜。
日本人向け軟弱フランスパンってかんじだな。
そして更にマイナスポイントなのはパンを入れる袋がただのビニールなこと。
うまいパン屋ならシャカシャカの紙に入れないとね!
今後に期待。

このあとア宅で食べた胡椒煎餅が激ウマで大感激!
おせんべいやさん本舗だってさ〜。
今日いちばんのヒット商品だったな!
みやげにひと袋貰っちゃったし、ありがとうよ〜♡
[PR]
by majnoon | 2006-04-09 23:01


日々のできごとを記録しておかないとあっという間に忘れてしまうきょうこのごろ・・・


by majnoon

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧